厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部改正等に伴う実施上の留意事項について

キーワード:留意事項通知


厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部改正等に伴う実施上の留意事項について
(平成26年3月19日保医発0319第4号)

最終対応:平成27年11月26日保医発1126第3号当サイトの対応履歴

標記については、本日、「厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法(平成26年厚生労働省告示第88号。以下「算定告示」という。)が公布され、平成26年4月1日より適用されることとなったところであるが、実施上の留意事項は、別添のとおりであるので、その取扱いに遺漏のないよう貴管下の保険医療機関及び審査支払機関等に対し、周知徹底を図られたい。
なお、本通知は、平成26年4月1日から適用することとし、従前の「厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部改正等に伴う実施上の留意事項について」は、平成26年3月31日限り廃止する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。