(問6-28) グランツマン血小板無力症患者(GP Ⅱb-Ⅲa及び/又はHLAに対する抗体…

(問6-28) グランツマン血小板無力症患者(GP Ⅱb-Ⅲa及び/又はHLAに対する抗体を保有し、血小板輸血不応状態が過去又は現在見られるもの)に使用する「血液凝固第Ⅶ因子製剤(エプタゴルアルファ(活性型)(遺伝子組換え))」は出来高で算定することができるのか。


(答) 算定できる。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成26年3月31日事務連絡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。