(問6-31) 血液凝固第Ⅷ因子又は第Ⅸ因子に対するインヒビターを保有する患者の…

(問6-31) 血液凝固第Ⅷ因子又は第Ⅸ因子に対するインヒビターを保有する患者の出血抑制に使用する、「乾燥濃縮人血液凝固第X因子加活性化第Ⅶ因子」は出来高で算定することができるのか。


(答) 算定できる。



疑義解釈資料の送付について(その11)
平成26年11月5日事務連絡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。