(問3-2-8) 「疑い病名」により、診断群分類区分を決定してよいのか。

(問3-2-8) 「疑い病名」により、診断群分類区分を決定してよいのか。


(答) 原則として入院期間中に診断を確定し、確定した病名で診断群分類区分を決定すること。ただし、検査入院等で入院中に確定診断がつかなかった場合においては、「疑い病名」により診断群分類区分を決定することができる。

疑義解釈資料の送付について(その1)
平成26年3月31日事務連絡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。